月別アーカイブ: 2016年7月

気分よく脱毛をやって貰いたい

一概に脱毛、と言ってもたくさんの方法があります。まずいま最もポピュラーなのは「光脱毛」でしょう。光脱毛の原理は一言で言うと「光でメラニン色素を刺激し、その熱で毛根を破壊する方法」のことを指します。その次にポピュラーなものといえばレーザー脱毛ですが、これについてもほとんど原理は変わりません。

ここで光脱毛とレーザー脱毛の2つの方法に共通して言えるのは「毛根を破壊する」ということ。これはニードル脱毛などにおいても同様です。一度破壊された毛根からはもう毛が生えてきません。ですから、何らかの方法で毛根を破壊してしまえば脱毛が完了する、というわけです。

それではなぜ一度毛根を破壊することで毛が生えなくなるのでしょうか。その答えは毛根にある「毛乳頭」というものが関わっています。毛根を破壊する、ということはつまり熱が発生するわけです。その熱の影響で毛根の周りの細胞や毛乳頭と呼ばれる細胞が熱変形を起こします。

この毛乳頭は毛の生まれる大本になりますから、これが一度変形してしまえば、そもそも毛が生まれれなくなる、というわけなのです。この「毛根の破壊」「毛乳頭の変形」というものが脱毛の原理なんですよ。http://銀座カラー料金徹底比較.com/

VIO脱毛のお客さんが多い脱毛サロン

世間では脱毛と言えばフラッシュ(光)脱毛やレーザー脱毛、針脱毛などが知られており、いずれも特殊な光やレーザー、電流や高周波などの熱を与えて毛根やその周辺の細胞にダメージを与える方法です。反対に熱を使わない非熱式脱毛と言うのがあります。

あまり広く知れ渡っていない脱毛方法ですが、2006年ごろから一部のエステサロンで行われていた脱毛方式です!

非熱式脱毛とは毛の抑制効果がある大豆イソフラボンローションをを肌に塗り、オゾンの光を当てて浸透させる方法なので痛みもダメージも全く感じない脱毛方法です。これを繰り返すことで毛乳頭が萎縮して退化し毛が生えにくくなっていきます。

しかしながらこの非熱式脱毛は毛根にダメージを与えるわけではないので、目に見える効果を実感することができず、当初は話題になった非熱式脱毛ですが、現在ではフラッシュ脱毛が主流になっています。『非熱式脱毛は痛みもなく、うぶ毛、日焼けの肌にも施術することができ、安いのが特徴ですが、脱毛効果がないという理由から現在では非熱式脱毛をするエステサロンはない』ようです。

全身脱毛を梅田で考えている方