背中のニキビができないようにするためには?

背中のニキビができないようにするためには、背中の肌を衛生的にしておくことが大切です。

そもそも背中のニキビの原因は、毛穴が角栓で塞がり、皮膚の内部に蓄積された皮脂をエサにしてマラセチア菌が大量増殖することです。背中の肌が不衛生なままでは、毛穴の詰まりと同時にマラセチア菌の増殖を手助けする結果となってしまうのです。

ですから、背中のニキビが出来ないようにするためには、衛生的にしておかなければなりません。

例えば、シャンプーの流し方が不十分だと、頭髪はすすげても、シャンプーの成分が背中に付着したままになっているケースがあります。シャンプーに含まれているシリコン成分が毛穴を塞ぐ要因となるのです。

ノンシリコンシャンプーであっても、油分などの成分が背中に付着したままになれば同じです。すすぎを徹底するとともに、頭を最後に洗うのではなく、頭から身体の順番に洗っていくといいでしょう。せっかく身体をキレイに洗っても、背中の肌に直接触れる衣類や寝具が不衛生になっていれば意味がありません。

肌着や寝具の衛生面にも注意しましょう。全身脱毛値段なび